日本の気候区分の覚え方

2016年夏講

本日(8/14)から水曜日(8/17)、お盆休みになります。
17日、ロボット教室鶴見区民センター教室はあります。

昨日の中3生の一言。
日本地図を見ながらしみじみと、

「そうか、おれは修学旅行で長野に行ったんか…」

いや、どこに行ったつもりやったんや(^^;
社会(地理)で日本の気候区分を教えているときの一言でした。

この範囲が苦手な受験生、多いですよね。
日本の気候区分の勉強の仕方は
①日本地図を見て気候区分を覚える(ex太平洋側の気候、日本海側の気候など)
②雨温図の特徴を覚える
③雨温図を見て気候区分を言えるようにする

もっともややこしいのが②の雨温図の特徴を覚えるです。
雨温図をパッと見ただけで「これは南西諸島の気候!」と判断しなくてはいけません。

解き方はぜひ私から直接教えさせてくださいm(__)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました